2008年10月15日

初めは「自分が楽しめればいい」って思ってました。



そもそもピアノを始めたのは、親が「やらせた」から。

自分の意思ではじめたものではなかったのです。



レッスンをやっていくうちに

ピアノに、音楽に楽しさを見出せていたとしたら、

もっと違う道を歩んでいたんでしょうが、

残念ながら中学の僕は、それは苦痛以外の何物でもなかった。



それが高校に入り、ピアノをやめ、

暇なときにちょっと弾くのが楽しくなる。

自分から演奏したくなる。

自分で曲を作ろうという意志が沸く。



大学に入って、たまたま勧誘されたサークルが音楽サークルで、

みんなが楽しそうに太鼓叩いたり歌ったりしてるのを見て、

「あぁ、音楽っていいなぁ」と思うようになる。



でも、発表会をやったり、

ライブをしたりして、

何か違和感を感じてしまったのです。



確かに自分が楽しくなければだめだけど、

自分が楽しいだけの音楽って、何か違うんじゃないのかなぁ、と。

自分の中で音楽の、

音「を」「楽しむ」が、

音「で」「楽しませる」という定義に変わった瞬間でした。



何年も前にサークルの先輩に言われたことがあったんですよ。

音楽の楽は「楽しませる」という意味だ、と。

最初はピンと来なかったんですけど、

このときはっきりと自分の中で確固たるものになった気がします。



音で楽しませる、って言うことは簡単ですが、

さて実際どうやって楽しませることが出来るのか。

難しい問題ですね。





てなかんじで、ドキュメンタリーテイストでまとめてみました(謎

1割ほど大げさに言っているかもしれません、あしからずw

後々楽しませるにはどうすればいいかも考えていきたいですなぁ。
posted by daigoro at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

菅野美穂

かわいいですよねぇ。

てか誰かに似ているなぁ、と思うのですが。。

あの子かなぁ(謎



最近ある方と夢についてメールしたり語ったりしたのですが、

元は彼がメールで

「Do you have a dream?」

というメールを深夜に送ってきたので、

本気なのか冗談なのか分からなかったので、

それなりにまじめに書いて返信したのに、

その返事が、



「ごめん、このメール送った記憶ないわー」



(゚д゚)はぁ?



まじめに返した自分が恥ずかしいわ!ってなったんですが、

彼はなんだかんだで夢に対して真剣で、

すごいなぁと思いました。

もう社会に出て、ちゃんと仕事をしているのに、

しっかり夢を追っているのですから。



夢はあります。

でも周りの環境とか、しんどいことめんどくさいことはしたくなくて、

いつの間にかその夢は、どこかに置いていってしまいそうで、

楽な道、作られた道を、

いつの間にか歩いてしまっているのです。



ありきたりすぎる言葉なんですけど、

生きるチャンスって、これが最初で最後なのですよ。

生まれ変わったとしても、それはもう「僕」ではなくて、

「僕」が「僕」でいられるのは、今しかないのです。



だからこそ、

どんなに忙しかったりやる気がなくなったとしても、

少しでもいいから、夢に向かって、

道を進めたいのです。

一日一回、どこかで、

自分の夢を確認する時間を作ったらいいんですかね?

一番怖いのは夢をなくすことですから、

その灯を消さないように、そしてさらに強い灯を・・・。



僕の夢は

「音楽で人の心を動かしたい。」





・・・うっわ、なんて痛い日記なのだろう。

でももう自分に嘘をつきたくないので、

きもいだのナルだの痛々しいだの言われても、

この夢だけは貫き通したいです。



原付日記はいつか・・・(遅
posted by daigoro at 02:18| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

原付で関東制覇〜東北突入(1日目・その2)

20080722095122.jpg

さて、コンビニでカップめんを買い、朝食をとる。

朝8時半頃でした。

体の節々が痛くなったので、温泉に入ろうと決意しました。

地図を見て、矢板温泉というところが9時からやっていたので、

そこに行くことに。

誰もいなく、1番風呂でした!

露天風呂は山と森林に囲まれ、とても静かで良かったです。

朝の山の空気はおいしかったです。

お風呂に入りながら、自分の将来とかぼーっと考え事をしました。

生まれたのは不安のみ(謎





IMG_0521.JPG

そしてひたすら北上する。

東北を目指していたが、ちょいと回り道しつつ、

那須高原に寄ることに。

地図に温泉街みたいなのが載っていたので、そこを目指す

が!そこは想像以上に角度の激しい坂道!

フルスロットルでも30キロも出ないという悲劇。

うわわわーーーーん

愛車Bjが泣いている!が今更引き返せないので前進!

温泉神社と言うところで駐車場があったので、そこでストップ。

これ以上は登れないと思い、その辺を散策することに。





IMG_0525.JPG

温泉神社で旅の今後の安全と健康などを願った後、

道なりに進むと、硫黄の匂いがする川を発見。

どうやら那須の温泉源が近いみたいですね。





IMG_0529.JPG

殺生石というものがありました。

なんか地獄とかいった人が、石を積んで、

つみ終わろうとすると鬼が来て吹き飛ばす、

みたいな話を昔聞いたことがありましたが、

名前の由来はそこから来ているのかなぁ。。

白いもやみたいなのがありますが、これ硫黄です。

地中から沸いていました。ちょっと気持ち悪くなりました。

硫黄は危ないよー!





IMG_0539.JPG

殺生石を近くで見た図です。

積まれた石の塔みたいなのがいっぱいあるのが分かります。

この川岸にびっしりありました。

こぇぇ。地獄行きたくないなぁ。。





IMG_0520.JPG

そして那須の温泉に入りました。

体を綺麗にする、というよりは、健康第一!って感じでした。

シャンプーとかなかったのです。

洗い場もなく、硫黄の湯を楽しむことオンリーでした。

温度別にお風呂が分かれてたけど・・・全部あちぃよ!



そんなわけで、温泉を楽しんだ後は、

坂を下り、いよいよ東北を目指します。

いつになったら初日をまとめ終わるのだろう(汗





IMG_0544.JPG

おまけ

こんな釣堀、行きますか、行きませんか?(大汗
posted by daigoro at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | たびするだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

原付で関東制覇〜東北突入(1日目・その1)

私、現在横浜に住んでいるのですが、

以前原付で関東を走り、東北地方を目指す

という、結構無茶な旅をしました。

総走行距離、約800kmでした。



2泊3日のたびだったのですが

今度ブログにまとめる、といいつつ

早2ヶ月がたちました(汗

で、自分のためにも今から

少しずつまとめていこうと思います。



08年7月22日・・・出発

IMG_0506.JPG
深夜1時ごろ、横浜の自宅を出発。

ひたすら神奈川の内陸部を北上し、川崎から東京に入った。

深夜ということもあり、車の数も少なかった。

まだ体力的にも余力があり、休憩を少しずつ取り入れ、

ほどなく埼玉県に突入。


IMG_0507.JPG
埼玉県市街地で、地図のルートからはずれ、迷う。

何度も一時停止し、地図を見ては軌道修正の繰り返し、

で、なんとか地図の道を発見し、走り続ける。

日が昇ってきたころ、利根川を原付で越える。

橋の上はトラックがガンガン抜いてきて、トラウマになった。

そして朝5時ごろ、栃木県に入り、記念撮影。

腰が痛くなってきたが、まだいける


IMG_0508.JPG
埼玉から栃木に入ると、次第に田舎色が強まる(失礼

建物の数が減り、田んぼが増える。

曇ってはいたが、朝の冷たい空気、そして自然の中を走るのは

とても気持ちが良かった・・・記憶があります(汗


IMG_0509.JPG
道の駅らしきところで休憩。

まだ朝6時くらいだったので、店もやってなく、

トイレ休憩程度に済ます。

こんな遠くまできてごめん、愛車BJ(汗


IMG_0514.JPG

ここから、自然の写真ばかり続きます(汗

最初は自然の中を、風を切って走ることに

喜びを感じていたのですが・・・

<次回へ続く>
ラベル:原付 一人旅
posted by daigoro at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たびするだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

隠しページ

IMG_0416_3.JPG
バンド名・・・2−3(ツースリー)

横浜で活動する、ポップでロックなバンドです。

HPはこちら



実は私、バンドをしております。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが。

今度10月31日にライブします!

場所は鶴見CLUB TOP'Sです。

詳細が分かり次第、HPやこのブログでアップします。



で、バンドのHPを私が作っているのですが、

隠しページなるものを作っています。

入り口が分かりにくい(?)ページで、

そこにはバンドの裏話などの隠し要素があります。

今のところ全3話の、連続ネットドラマとなっております。

もし時間が許すなら、是非全部探してみてください。

自分としては、会心の作だと思います(自己満



ブログかいてて思うけど、

もっと文章表現力をつけたいなぁ、と思う今日この頃。

本を読まないのがいけないんですね。

でも本を読むのに、スイッチが入るまでが長いのです。

スイッチがいったん入ると、最後まで読まないと気がすまないのに

基本はスイッチが入る前に、飽きて読まずじまいなので、

本を買うのがもったいないよーって感じです。

どうしたらスイッチが入るのでしょうか。。

自分の取扱説明書がほしいです(汗
posted by daigoro at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

鉄腕バーディー

今回はお勧めしたい漫画をおひとつ

鉄腕バーディー

鉄腕バーディー DECODE

下のは、アニメ版の公式HPでございます。



『鉄腕バーディー』(てつわんバーディー、BIRDY THE MIGHTY)はゆうきまさみによるSF漫画作品。

連邦捜査官バーディー・シフォンは、テロリストであるクリステラ・レビを追って地球まで赴くが、捜査の途上で誤って事件現場に紛れ込んだ地球人、千川つとむを殺してしまう。瀕死のつとむの体と精神を救う窮余の一策として、彼女は自らの体につとむの記憶と心を宿して姿を変え、“二心同体”の状態となる。しかし、レビ一党により栽培されていた酔魂草を見てしまったつとむは、テロリスト達からつけ狙われることになる。

何故彼らは、本来地球外の植物である酔魂草の培養を行っているのか?何故、地球を潜伏先に選んだのか?その最終的な目的はいったい何なのか?捜査が進むにつれ、事態は宇宙規模の政治・軍事的大事件へと発展しかねない様相を呈し始めた。

(wikiより転載)



ヤングサンデーで連載していたのですが、

休刊により現在はビッグコミックスピリッツで連載中です。

作者は「機動警察パトレイバー」などで有名なゆうきまさみさんです。



地球で起こる、常識的にありえない事件、

その裏にある、宇宙人たちの思惑のぶつかり合い、

それが人間達を巻き込み、事件はどんどん広がっていく。。

そんなSF要素が満載の「鉄腕バーディー」



主人公のバーディーの躍動的な戦闘シーンは見ごたえがあります。

また、2人の人格が一つの体に存在するという設定が、とてもおもしろいです。



で、アニメ化したのですが、これがまたおもしろい。

原作とはストーリの流れが異なるのです。

ある程度、ストーリの軸は原作に沿っているのですが、

原作にはいない登場人物がいたりして、

一回原作を見ている僕も、先が見えないので、

どきどきハラハラしながら見れます。



TVKで金曜の夜にやっています。

詳しくはHPで。


posted by daigoro at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

メイク・レジェンド

マスコミのネーミングセンスに脱帽。

奇跡の次は伝説ですか(汗

プロ野球を盛り上げようと必死ですね。



確かに巨人の追い上げは半端ないです。

13ゲーム差から同率1位まで来たことは、

本当にすごいことだと思います。



でも、巨人はたっぷりお金を使って

反則といっても過言でない最強打線を作り上げたわけですから

優勝して当然なのではないのでしょうか。

小笠原にラミレスに、さらにイスンヨプて。。

ドラクエ5で仲間にはぐれメタル3匹いるくらい強い(微妙な例え

他にも強い選手は揃っていますから。

勝てない方が不思議じゃないのかなぁ、と。

投手陣が整えば、向かう所敵なしでしょう。



逆に言えば、「勝って当然」と周りから言われるから、

監督は相当なプレッシャーを感じるでしょう。

フロントも然り。

負けは許されないといのは、とてつもなくきついことです。



そして、負け続ければボコボコに叩き、

勝てば「メイクレジェンド」とか言って、

視聴者をあおるマスコミ。

視聴者の注目をひきつけることは大事ですが、

ちょっとコントロールしすぎなような気が。。

ずっと言っていますが、怖いですマスコミ。

流されやすい僕のような人間にとっては(汗



まぁマスコミの話はおいといて。

世間を盛り上げるために、

あえて13ゲーム差つけられてから本気出したのでは、と

思ってしまう自分が嫌だなぁ、と思いつつ、



きっと戦っている当の選手達はそんなことお構いなしに、

1戦1戦必死に戦っているのだなぁ、と思います。



がんばれ阪神!(ぇ

posted by daigoro at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

The 無責任

太田農水相といい、

事務次官といい、

福田首相といい、

はたまた阿部元首相といい



昨今の政治家は電撃辞任がお好きなようで。

責任を取るとか、限界を感じたとか、

そういう理由で国のトップの責任を丸投げするのは

どうなのでしょう。



選挙する側、される側も、

もっと政治に対して真摯になるべきなのではないでしょうか。



と、適当なことを言ってみる。

一番無責任なのは自分だと思いました(汗
posted by daigoro at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

透明なカルピス

同じ消費期限のカルピスを2本、

机の上に放置して置いたら

一本は普通の白いカルピス。

もう一方は・・・





な、なんと透明に!



で、液面をみると、緑の物体が。。



こ、これは・・・



カビ○ンルン??







うーん、同じくらいの量、同じ消費期限で

こんなに違いが出るとは驚きです。

飲んだときに口に弁当の油が付いていて

それが液体に含まれて、劣化してしまったとかでしょうか?

うーん、実に非科学的ですみません。。





ていうか、早く捨てよう(大汗

一度ペットボトルを開けたら、速攻で飲みましょう。
posted by daigoro at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ざんねんだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

アクセス解析

以前検索サイトからキーワード入力して、

このブログに飛んでくる人がいた、という話をしましたが。



最近多いのが

「丸岡 ミヤネ」系の言葉。

前回ミヤネやの名物コーナーの話を書きました。

丸岡というのは、名物コーナーに出る丸岡いずみアナのことです。

で、結構な頻度でその系統のキーワードを検索して、

このブログに飛んできた人が多いのです。

毎日1人はいるペースです、驚き。



うーん、結構反響のある番組だったんだなぁ、ミヤネ屋。

宮根さんは鳥人間コンテストも出てるし、

なおさら反響が大きかったのかも。



でもミヤネ屋は確かに面白いです。

少なくともワイドショーよりは面白い。

高田純次の適当タクシーはまじでおもしろいです。

まぁ高田さんがタクシーで適当にいろいろなところへ行くという、

そのままな感じのコーナーです(汗

あの適当さ加減はすごい!

僕の理想像です、高田さん。

分かる人にはわかると思います(汗



ちなみにアクセス解析で

「浜松 麻雀」からここのブログを見つけた人がいました。

あれ、このブログではそんなに麻雀の話してないのになぁ。

しかもあったとしても、負けた話しかねぇや(涙



さ、勉強勉強。





あ、ちなみにミヤネ屋のサイトは↓から

ミヤネ屋
posted by daigoro at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | のんびりだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。