2008年12月11日

memo

今回はほんとに日記です。

人のために書く文章じゃないので、

スルーしてください。

だったら書くなって話ですが、

自分への戒めというか、忘れないように、

ここに記録します



とか思って書いてたら、相当鬱日記になってしまいました(汗

出来たら見ないでください(爆



だからだったら書k(ry



続きを読む
posted by daigoro at 02:34| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

欠陥

いつになく熱いと言うか、

重いことを書いてたら、ちょっと文が長くなったので、

初めて「続きを読む」機能を使ってみます。



ちょっと主観的な意見が多すぎるので、

人によっては不快感を与えてしまうかもしれません。

以下はそれを心得た方のみ、お読みください。

批判は歓迎します。



続きを読む
posted by daigoro at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

11月も終わりですか

早いですねぇ。時がたつのは。

毎年言っています、そんなこと(汗



11月は充実していた気がします。

卒論もある程度進んだし、

内定者の人たちと初めて飲めたし、

ライブもしたし、

映画も見たし、

ゲームもいっぱいしたし(汗



でもやりたいことは尽きないです。

贅沢ですねぇ、自分。



やりたいことができているからこそ、

時がたつのを早く感じるのかもしれません。

何もすることがなかったら、

どれだけ1日を長く感じるだろう。



何も用事がない日とか、

半日以上寝てすごした日とか、

そういう日が終わろうとするとき、

とてもさみしくなるというか、不安になるというか。

まぁそういう日があるから

「明日はがんばろう!」って気持ちになるのかもしれません。

たまにはそういう日も必要だとは思います。



でも寝てすごしている日が最近多いなぁと思います。

2008年も残りわずかだし、

やり残したことを片付けたいものです。



あー原付日記のことか(汗

今例によって研究室なので、

今日も更新されないでしょう。。

でも年内には片付けてみせる!(微妙



posted by daigoro at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

追うもの、追われるもの

物事には必ず、追うものと追われるものがいて、

追うものは、前を走る人間を抜くために、

血のにじむような努力をして、

少しずつ、少しずつその差を埋めて、

いつしか抜き去る。

その先にまた、新しいターゲットを見つけ、

また努力をし始める。



でも追われるものも、ただ何も考えず走るわけではなく、

抜かれないために、必死に前を走るわけで、

それは抜かれたときの怖さを知っているから。

油断するな!ってバッシングを食らったり、

今まで培ってきた自信を打ち砕かれ、

戦意を喪失し、走りたくなくなったり・・・。



何もする気になれない状態に陥る可能性もある。



結局のところ、

後ろを走る人は、前の人をうらやむ。

「あいつは才能があるから。」とか、

「あいつには一生かなわない。」とか。



とんでもない。

君は、何も知らない。

彼が、抜かれないために、

どれだけ努力をしているか。



得てして前を走る人は、

そういう努力の姿を見せない。

別にそれがかっこいいからというわけでなく、

それが普通になっているから。



僕はそんな人になりたい。





あぁその前に僕はまだ、全然後ろのほうでした(大汗

ちょっとの距離走っただけでばてますからーバッド(下向き矢印)



とりあえず今の自分にできることは

言い訳をしない。

うらやましがる暇があったら努力をする。

ということかなぁと思います。

欲しがりません、勝つまでは!(謎
posted by daigoro at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

なんだろうね

ほんっと人付き合いってめんどくさいどんっ(衝撃)



これ僕の基本方針です(汗

もちろん、友達イラナイ!とかではなく、

今いる友達(大抵片思い)は本当にいい人ばかりで、

僕は友人に恵まれていると思います。

サークルの人も、バイト先の人も、内定先の人も、

最近会ってないけど高校の頃の人たちも。

あ、でももはや高校の頃が思い出せないあせあせ(飛び散る汗)



でも、人と付き合うには必ず「ルール」が存在するわけです。

気遣いやら、空気読むやら、ねバッド(下向き矢印)

「親しき仲にも礼儀あり」の言葉通り、

何でもかんでも自分の思い通りにならないのです。

人付き合いのルール=社会のルールなのかもしれませんねひらめき



言いたいことがあるのに、言えないし、

言ってしまったら、人間関係やらその他もろもろのバランスが崩れ、

社会が成り立たない場合もあるわけです。



気遣いできる人は本当にすごいと思います。

ここでもよく書きますが、僕は本当に気遣いが出来ないので、

そういう人を尊敬するし、そういう人を目指したいと思います。



でもなんか、気遣うのって、息苦しいと思えます。

どんな時でも気遣えるのって、すごいと思うけど、

その分心の中は、ものすごい葛藤なのではないのでしょうか。

気遣いが出来る人の心の中をのぞいてみたいです。

誰か見せて揺れるハート(キモ



あぁめんどくさいですバッド(下向き矢印)

でもそうも言っていられないので、

僕は適度に気遣える人間を目指したいと思いました。





原付日記書こうと思ったら、こういうこと書きたくなってしまった(汗

明日書きますパンチ信じてexclamation×2(謎

posted by daigoro at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ぶはぁ

土日に浜松にドライブしてきました。

実家によりました。

プチ帰省でした。



そのことはいつか書きたいです。

淡い希望です(汗

まだ原付の方もまとめ終わってないのに(涙





以下最近思うこと。



怒るとか、叱るとか、僕はそういうことが出来ません。

怒ってしまうと結局待っているのは後悔ですから。

それに自分のことを棚にあげて怒るのもいやだなぁと。



時には厳しく、時には怒らなければいけないこともあるかもしれませんが、

厳しく言うことで人のためになる、てのは間違っていないとは思いますが、

果たして人に対して怒る時、その人のことを真に考えているのかどうか。



自分本位な怒り方

例えば「俺はちゃんと出来るのに、なんでお前は出来ないのか」

みたいな。

個人個人の考え方の違いから、違和感を感じ、

それが怒りに発展することはよくあると思いますが、

その怒りは人をも、そして自分をも傷つけるのではないのか。



相手を思いやった上での叱りや注意は、

自分にもいい影響があると思います。

相手の失敗をしかったら、

少なくとも自分はその失敗をしてはいけませんから。

相手を思いやって、相手に厳しいことを言うのは、

お互いを高めあうことになるのではないでしょうか。



だからと言って単に、

「厳しく言う=人のためになる」という

思いやりのない考え方は、とても嫌です。

人が言いにくいことをズバッと言うことを

かっこいいと思うのかもしれませんが、

僕には、ただ傷つけることを喜ぶ快楽犯にしか思えないのです。

言葉は凶器にも成り得るし、大げさな表現ではないと思います。



言葉を選ぶって、本当に難しいですね。

人のためになるには、どう言ったらいいのか。

しっかり考えられ、その上で発言できる人間になりたいです。




以上

1日1回以上、必ず思いやりのない発言をしてしまい、

必ず後で後悔するだいごろうでした(謎
posted by daigoro at 12:18| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

地球

ある漫画で描いてあったのですが



例えば時速100kmの車の目の前に人が飛び出して、

急ブレーキを踏んでも

100mくらいは先に進んでしまい、

事故を起こしてしまう、というように、

地球の温暖化も、

例えCO2削減して温暖化にブレーキをかけても、

地球滅亡という事故は起こる、というお話。



いつまでだったらセーフだったのか?

ブレーキングポイントとか言っていましたが、

その漫画が言うには(フィクションですが)

「2006年だよ。」



つまり2006年からCO2をほとんど出さない、という状況を作れたら、

地球の温暖化を食い止めることができたのだと。

事故寸前のところで止まることが出来たと。



実際他の環境に関するHPとか見てみたのですが、

2007年とか言ってたり、誤差はあるとは思いますが、

少なくとももう、その期限は過ぎているみたいです。



人口の爆発的増加、新興国や発展途上国の急激な発展もあり、

CO2は減るどころか増えていると思われる昨今。

もはや温暖化は止められないでしょう。

そしていずれ、考えたくもない事態が。。



だからといって、ひらきなおって、

クーラーがんがん使ってやる!って言いたいわけでなく(汗



もしかしたら生きている間になんかあって、

人類が滅亡したとしても、

後悔しないように生きたいし、

これから生まれてくる人たちに、

「なんでこんな地球のやばいときに生まれてしまったんだろう。」

と思ってほしくないのです。

少しでもいいから地球の寿命をのばし、

きれいな地球を多くの人に見てもらい、感動してもらいたいなぁ、と。

生きることを楽しんでもらいたいなぁ、と。



所詮死ぬ間際の延命処置?

私の自己満足?

何も出来ないくせにってか?



まぁなにをしようとしなくとも、

命あるものはいつか死にますが、

何もしないよりは何かしたいなぁ、と思います。

たとえ手遅れだとしても、

最後までもがき続けることが出来たら、

後悔しないで人生を終えることが出来るかもしれないですから。



最近生活が堕落していて、ちょっといかんなぁ、と。

このままだと死んだとき後悔するなぁ、と思って、

自分に気合入れる意味でも、こんな日記を書きました。

また今日からがんばらないと。



こういう重い話は、mixiだとしづらいです(汗



音楽の話は次の機会に。

原付の話はさらに(ry

ラベル:地球 滅亡 温暖化
posted by daigoro at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

初めは「自分が楽しめればいい」って思ってました。



そもそもピアノを始めたのは、親が「やらせた」から。

自分の意思ではじめたものではなかったのです。



レッスンをやっていくうちに

ピアノに、音楽に楽しさを見出せていたとしたら、

もっと違う道を歩んでいたんでしょうが、

残念ながら中学の僕は、それは苦痛以外の何物でもなかった。



それが高校に入り、ピアノをやめ、

暇なときにちょっと弾くのが楽しくなる。

自分から演奏したくなる。

自分で曲を作ろうという意志が沸く。



大学に入って、たまたま勧誘されたサークルが音楽サークルで、

みんなが楽しそうに太鼓叩いたり歌ったりしてるのを見て、

「あぁ、音楽っていいなぁ」と思うようになる。



でも、発表会をやったり、

ライブをしたりして、

何か違和感を感じてしまったのです。



確かに自分が楽しくなければだめだけど、

自分が楽しいだけの音楽って、何か違うんじゃないのかなぁ、と。

自分の中で音楽の、

音「を」「楽しむ」が、

音「で」「楽しませる」という定義に変わった瞬間でした。



何年も前にサークルの先輩に言われたことがあったんですよ。

音楽の楽は「楽しませる」という意味だ、と。

最初はピンと来なかったんですけど、

このときはっきりと自分の中で確固たるものになった気がします。



音で楽しませる、って言うことは簡単ですが、

さて実際どうやって楽しませることが出来るのか。

難しい問題ですね。





てなかんじで、ドキュメンタリーテイストでまとめてみました(謎

1割ほど大げさに言っているかもしれません、あしからずw

後々楽しませるにはどうすればいいかも考えていきたいですなぁ。
posted by daigoro at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

菅野美穂

かわいいですよねぇ。

てか誰かに似ているなぁ、と思うのですが。。

あの子かなぁ(謎



最近ある方と夢についてメールしたり語ったりしたのですが、

元は彼がメールで

「Do you have a dream?」

というメールを深夜に送ってきたので、

本気なのか冗談なのか分からなかったので、

それなりにまじめに書いて返信したのに、

その返事が、



「ごめん、このメール送った記憶ないわー」



(゚д゚)はぁ?



まじめに返した自分が恥ずかしいわ!ってなったんですが、

彼はなんだかんだで夢に対して真剣で、

すごいなぁと思いました。

もう社会に出て、ちゃんと仕事をしているのに、

しっかり夢を追っているのですから。



夢はあります。

でも周りの環境とか、しんどいことめんどくさいことはしたくなくて、

いつの間にかその夢は、どこかに置いていってしまいそうで、

楽な道、作られた道を、

いつの間にか歩いてしまっているのです。



ありきたりすぎる言葉なんですけど、

生きるチャンスって、これが最初で最後なのですよ。

生まれ変わったとしても、それはもう「僕」ではなくて、

「僕」が「僕」でいられるのは、今しかないのです。



だからこそ、

どんなに忙しかったりやる気がなくなったとしても、

少しでもいいから、夢に向かって、

道を進めたいのです。

一日一回、どこかで、

自分の夢を確認する時間を作ったらいいんですかね?

一番怖いのは夢をなくすことですから、

その灯を消さないように、そしてさらに強い灯を・・・。



僕の夢は

「音楽で人の心を動かしたい。」





・・・うっわ、なんて痛い日記なのだろう。

でももう自分に嘘をつきたくないので、

きもいだのナルだの痛々しいだの言われても、

この夢だけは貫き通したいです。



原付日記はいつか・・・(遅
posted by daigoro at 02:18| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

メイク・レジェンド

マスコミのネーミングセンスに脱帽。

奇跡の次は伝説ですか(汗

プロ野球を盛り上げようと必死ですね。



確かに巨人の追い上げは半端ないです。

13ゲーム差から同率1位まで来たことは、

本当にすごいことだと思います。



でも、巨人はたっぷりお金を使って

反則といっても過言でない最強打線を作り上げたわけですから

優勝して当然なのではないのでしょうか。

小笠原にラミレスに、さらにイスンヨプて。。

ドラクエ5で仲間にはぐれメタル3匹いるくらい強い(微妙な例え

他にも強い選手は揃っていますから。

勝てない方が不思議じゃないのかなぁ、と。

投手陣が整えば、向かう所敵なしでしょう。



逆に言えば、「勝って当然」と周りから言われるから、

監督は相当なプレッシャーを感じるでしょう。

フロントも然り。

負けは許されないといのは、とてつもなくきついことです。



そして、負け続ければボコボコに叩き、

勝てば「メイクレジェンド」とか言って、

視聴者をあおるマスコミ。

視聴者の注目をひきつけることは大事ですが、

ちょっとコントロールしすぎなような気が。。

ずっと言っていますが、怖いですマスコミ。

流されやすい僕のような人間にとっては(汗



まぁマスコミの話はおいといて。

世間を盛り上げるために、

あえて13ゲーム差つけられてから本気出したのでは、と

思ってしまう自分が嫌だなぁ、と思いつつ、



きっと戦っている当の選手達はそんなことお構いなしに、

1戦1戦必死に戦っているのだなぁ、と思います。



がんばれ阪神!(ぇ

posted by daigoro at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

The 無責任

太田農水相といい、

事務次官といい、

福田首相といい、

はたまた阿部元首相といい



昨今の政治家は電撃辞任がお好きなようで。

責任を取るとか、限界を感じたとか、

そういう理由で国のトップの責任を丸投げするのは

どうなのでしょう。



選挙する側、される側も、

もっと政治に対して真摯になるべきなのではないでしょうか。



と、適当なことを言ってみる。

一番無責任なのは自分だと思いました(汗
posted by daigoro at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

もしも

僕がこの世からいなくなったら

いったいどれだけの人が涙してくれるだろう。



別に死にたいわけでもなく、

死んだ後、多くの人に泣いてもらいたいとかではないのですが。

もし自分がこの世を去った後、

多くの人に泣いてもらえるような

そんな人生を歩めたらいいなぁ、と思います。



泣いてもらえる、ということは

それだけその人にとって自分という存在が大きい、ということ。

いなくなって悲しいから泣くのですよね。



以前人のために生きたい、とこのブログに書きましたが、

多くの人に涙してもらえることが、

自分が人のために生きた証拠なのではないのか、と

思います。



でも未だに人のために何が出来るか、見つからない。

人を笑わせるとか、そういう小さいことでもいいのでしょうか。

うーん。。





がんばろっと。
posted by daigoro at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

2008年

僕の厄年だーと思っていましたが、

みんな同じ感じに負のオーラをまとっているので、

僕だけつらいのではない、と思うと、

かなり楽になります。



まだ引きずっているとはいえ、

だいぶ気持ちが前向きになってきたので、

同じ状況だったり、同じように苦しんでいる人がいたら

ほっとけないなぁと思うのです。

つらい気持ちが痛いほど分かる

2008年です。



のびたが研究室に

「だいごろうとすごく合いそうな女の子がいる」

と言っていたそうで。

とてつもなく気になる今日この頃。

メールして「紹介して!」というと

浅ましい気がしますが

気になるので聞いてみよう(汗
posted by daigoro at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

人のために

人のために生きる。

そんなことが出来る人は、世の中のごく一部の人でしょう。



最近の僕は、自分がよければいいという生活スタイルです。

極力人に迷惑をかけないようにすれば、あとは自分が楽しければよし、と。

どうせ一回の人生だし、やりたいことをやったらいいじゃん、と。



でも考えました。

それは何にも残らない、と。



自分の中で完結し、人にも、世の中にも、何にも残らない。

別にいいっちゃいいけど、すごくさみしいです。

死んだら何も残らないのですよ、お墓以外。



人のために生きた人は、歴史に残ったり、人の心の中に残ったりします。

まぁ悪いことをしても残りますがね。

人の心の中に残っている限り、世の中に「僕」の存在は生きていると思うのです。

死んだ後のことを気にしないって人には関係ない話ですが。



別に人に恩を売りたいわけでもないし

歴史に名を残したいわけではないけど

ただ自分が楽しければいいなんて人生、さみしいなぁと思って。



誰かが



「あなたのおかげでがんばれた」とか

「あなたがいてくれてよかった」とか

「ありがとう」でも。



ほんの少しの人でも、自分の頑張りによって喜んでくれたり、笑ってくれたりしたら、そんな人生は素敵だなぁって。



今の僕には、その「人のためになる力」がありません。

社会に出て、人のためになる仕事が出来るのでしょうか。

今からでもできる、人のためになることはあるのでしょうか。



本当に僕は無力だなぁと。

気づいた今日は、僕の人生の、新しいスタート記念日。





なんだこりゃ(汗

まぁたまにはこんな日記でも、いいよね。。

posted by daigoro at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ぼやき

別れるのはつらいです。

でも別れる原因が、自分にあったら尚更つらい。



自分ではそこまで重要視していなかった欠点が、相手が「別れる」という結論まで持っていくほどまで追い込んでいると知った時、とてもつらいです。

復縁は全くしたくないけど、知らず知らずのうちに傷つけていたことを、今すごく謝りたいです。

もっと早く気づけばよかったのに。



恋はタイミングといいますが、難しいですね。
posted by daigoro at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

変わり果てた

片思いはつらいものだと思っていましたが。

最近は片思いすら出来ない。その方がつらいです。

恋ってなんですか?



女の子が好きです。それは恋ではない・・・ですよね。。

誰か特定の子が好きになったら、それは恋なのですかね?

かわいい子とか、性格がいい子とか、気が合う子とかはいますが。



やっと前に進みだしました。

でも心は過去に置きっ放しな、そんな感じです。

お、なんか文字にするとかっこいいなぁ(汗

まぁしばらく時間がたったらいつの間にか恋しているかもしれません。

適当に待つしかないですね。



こういうとき、自分はこういう性格でよかったと思います。
posted by daigoro at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

いざさらば

一年間お疲れ様でした。



発表会のサブステージマスターをやって分かったことがあります。

それは自分は人の上に立てるほどの者ではない、ということです。

指示する側より指示されて動く側のほうが向いているなぁと思いました。

というかそのほうが楽というか。。



いつか就職して、いつか昇進して、いつか上司になったとき、すごく不安です。

ひらめきもないし、気も利かなければ、ぱぱっと仕事も出来ない。

一人じゃ何も出来ない。。



そんな自分は何が出来るか?



少なくとも人に感謝することは出来ると思います。

これからもきっと多くの人に迷惑をかけると思います。

僕は人に頼らなければ生きていけない自信があります。

だからこそ感謝する気持ちを忘れないでいたいのです。



人に頼ってばかりではいけないと思いますが、自分の力で出来る範囲を知り、出来ないことを人に頼み、お互い信頼しあって仕事が出来ることは、すばらしいことだなぁと思います。



今回そんなことに気付きました。

サブステやってよかったです。



みんな本当にありがとうございました。

ほんとは口で直接言ったほうがよかったのだろうけど。。



ありがとう。

ばいばーい。
posted by daigoro at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

就活のメールが溜まっていく。。

最近就活が出来ていません。

発表会が終わるまでは仕方ないかなぁとは思いますが。

少しでも活動しておかないとなぁとは思います。



まずはメールボックスに溜まっているメールを、片っ端から読んでいかないとなぁ。。



研究室について説明がありました。

院進学志望者向けの研究室ばかりでへこみました。

そりゃたかが4年生の1年間でたいした研究は出来ないかもしれませんが。。



はぁ、先行き不透明で怖いです。
posted by daigoro at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

終わった。。

一ヶ月にも及ぶ中間テスト期間が終わりました。

まぁ最後のやつが微妙だけど、なんとかなるかなぁ、て感じです。

少なくとも期末をあきらめなければいけない状況だけは避けたかと思います(汗



これからc言語の課題をやります。

時間に終われる生活は息苦しいですね。



早く夏休みになんないかなぁ。。
posted by daigoro at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

本当に腹が立つことがあった。

でも自分にも非があるから怒れない、ということがよくあります。



今まで生きていた中で、自分は全く悪くない!と思って怒ったことも、実は自分にも非があった、ということが何度もあっただろうと思います。



人を責めたり、怒ったりすると視野がせまくなります。

人間ですから、喜怒哀楽を完璧にコントロールすることはできません。

でも、少しでもいいから、常に広い視野と自分の過ちを認めれる心が欲しいです。



よし、サンタさんにねだろう(早
posted by daigoro at 16:49| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。