2006年11月01日

まだ生きています、ええ生きていますけどなにか?

まったく更新する気がなかったのですが、まぁ誰も見ていないし、なんか書いてみます。

今年ももうすぐ終わりです。大学生活も本来ならもうすぐ半分を終わろうとしています。

人間、年をとるほど、時の流れを早く感じるようにできている、という話は聞いたことがありますが、そのとおりだと思います。



何もしなくても時間は流れる。

何もしなくても年をとる。



何もしなくても、人はいつかは死ぬ。



あぁ、重い話になってしまった。

最近FF10をやっているので、こんなことばかり考えさせられてしまいます(汗



あー死にたくないなぁ、というところから始まり、

でも、仮に永遠に生きられるとしても、それはそれで怖いし。



人は、変化することを好み

人は、終わりがあるから頑張れる。

でも、死ぬのは怖い。



この繰り返しです。うーん、暗いかなぁ。。

でもこういうことをまったく考えないと、ほんとだめになってしまいそうな気がします。

たまにはこういう重くなる時期も大事かなぁ、とは思いますが。。



要するに、もう少し一日というものを大切にしたいなぁってことです。

解決!
posted by daigoro at 15:47| Comment(4) | TrackBack(0) | のんびりだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は見てますよー。

人間は歳を取ると1年を短く感じるかわりに、1日を長く感じるんだそうです。

ところでスピラの死人さんたちは異界送りされない限り永遠に生き…じゃなくて、活動し続けられるんでしょうかね。
Posted by Super at 2006年11月01日 21:19
びっくりです。ありがとうございます。

そうなのかぁ・・・それは意外かも。

確かに。ていうか死人とゾンビの区別がつかないです(汗。アーロンさんにハイポーションは身体に毒な気がしてならない、今日このごろです。
Posted by daigoro at 2006年11月07日 11:11
私もたまに見ています。
たまにが今日でした。

年を取っていくと、自分の人生の中での1年の割合がどんどん小さくなっていくから短く感じるのかなぁ、と思います。

FF10は懐かしいです。
きっと永遠に活動するんじゃないでしょうか。>Super
Posted by nekoja- at 2006年11月20日 13:01
たまにってのはすばらしいですね。
勇気をありがとう(謎

今年は特に短く感じました。
来年はどうなることやら。。
Posted by だいごろ at 2006年11月22日 11:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26577124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。