2008年12月11日

memo

今回はほんとに日記です。

人のために書く文章じゃないので、

スルーしてください。

だったら書くなって話ですが、

自分への戒めというか、忘れないように、

ここに記録します



とか思って書いてたら、相当鬱日記になってしまいました(汗

出来たら見ないでください(爆



だからだったら書k(ry



センスってなんだ?

才能ってなんだ?

そんな言葉で片付けられるほど、自分の努力は安っぽいものだったのか。



ピアノの話。

幼い頃、泣きながら練習したこともあった。

やりたくもないことを何時間も拘束されてやった。

それでもやめたくなかった。

途中で投げ出すのが嫌いだったから。



でも、やっぱり上には上がいて、

これ以上何をすればいいの?ってなって、

元々練習嫌いの自分が悪いのだけど、

これが才能の差だと、思い込んで片付けた。

犠牲にするものが大きすぎる。



大きくなって、どんどん練習時間が減って

どんどん技術が衰えてきた。

いよいよやる気をなくしてきた最後の定期発表会。

どっかのピアニストのコンサートの、アンコールで聴いた曲がかっこよくて、

弾きたいと思った曲をやってみた。

初めてかもしれない。

自分が弾きたいと思って、自分から曲を選んだこと。



すごい大変だったけど、好きだったから、

結構練習した。

でも難しくて、あまりうまく弾けなかったけど。

楽しかった。



まぁそこは本題ではなくて、

後に又聞きで聞いた。

昔の自分のピアノの先生が言ってたらしい。

その演奏を聞いて

「だいごろうくん(仮)は、センスがある。」と。



先生は感心してそういってくれたと思う。

でも、センスって何?

センスで食べていけるの?

じゃあ僕よりうまい人は何なの?

もっとセンスがあるってこと?



違うんだ。元々はへたくそだったのだ。

音楽教室のクラスでは並以下だったし、

コンクールでも最初はぱっとしなかった。

何年も長い時間練習させられて、

徐々に賞が取れるようになっただけ。

何もなかった。

ただひたすら、弾かされていただけ。



自分に絶対的に足りなかった、楽しむ気持ち。

自分から演奏しようとする気持ち。

皮肉にも、技術と反比例して、

その気持ちは強くなっていったみたい。

比例してくれたらよかったのに。



最近センスとか、そういう話になると、

決まって昔を思い出す。

そして後悔する。

何が悪いとかないけど、

今になって、もう引き返せないところまで来ているのに、

また上を目指したいと思っている。

演奏を楽しむ気持ちを得た今だからこそ、

自分のピアノを、音楽を聴いてもらいたい、と。



でも時間はもう戻ってこない。

時間は進むのみ。

だったら、これから始めるしかない。

今の自分に出来ることを、

今の自分に出来る表現方法を、

探すしかない。



少なくとも、今のままでは

2008年を終わりたくない。







うわー、駄文。。

そして支離滅裂。。



誰も見ないでください(汗
posted by daigoro at 02:34| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見ーちゃった(笑)

センスって難しいですよね

でも、努力した結果生まれるセンスもあると思います

開眼ってやつですかね?だいごろうさんはどうか分からないですが、誰が見てもセンスを持っていると思いますよ!
Posted by らいと at 2008年12月11日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。