2008年09月15日

もしも

僕がこの世からいなくなったら

いったいどれだけの人が涙してくれるだろう。



別に死にたいわけでもなく、

死んだ後、多くの人に泣いてもらいたいとかではないのですが。

もし自分がこの世を去った後、

多くの人に泣いてもらえるような

そんな人生を歩めたらいいなぁ、と思います。



泣いてもらえる、ということは

それだけその人にとって自分という存在が大きい、ということ。

いなくなって悲しいから泣くのですよね。



以前人のために生きたい、とこのブログに書きましたが、

多くの人に涙してもらえることが、

自分が人のために生きた証拠なのではないのか、と

思います。



でも未だに人のために何が出来るか、見つからない。

人を笑わせるとか、そういう小さいことでもいいのでしょうか。

うーん。。





がんばろっと。
posted by daigoro at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやきだいごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。